お問い合わせ

なんでもない日に、思う。

投稿日: 作成者: nagata

先週の3連休、

姪っ子の長女の進学お祝い、

あるアクシデントによる連れ合いの緊急入院、

そして実家の親父の様子伺いとお袋の見舞いと、

慌ただしく過ごした。

 

そして日曜日の夜、

少し疲れて自宅で一人、ぼんやりしていたら、

にわかに「時が流れていく」のを実感した。

 

毎日は、変わらないように思う。

しかし、少し長いスパンで過去を振り返り、

人生を俯瞰で思い出してみると、

まったく「同じ日」なんて、一日もなかったと思う。

 

時は、広げた掌の指の間から零れ落ちるように、消えていく。

やがて記憶からも消えていくその一瞬一瞬。

今生きているこの日、この時間、この一瞬。

それは、「奇跡」なのだ。

 

つまらない人生なんて、ない、とも思う。

たとえ望まない進路や仕事・キャリアであっても、

それは無駄なことではなく、生きるに値しないことでもない。

自分の人生として関わりあっていけば、一つの「軌跡」が描ける。

 

出世をする、事業で成功する、幸せな結婚生活を送る、

大切な友人を得る、生涯の趣味を持つ、等々、

世間的に羨望を集めることや「映え」することが人生の本質ではない。

 

人からは幸せな人生に見えても、本当のことは本人にしかわからない。

いや、本人にもわからないかもしれない。

 

みんな「奇跡」の「軌跡」である毎日を生きている。

なんでもないような一日。

瞬きしている間に消えていくその一瞬一瞬の時の流れが、人生。

貴重な一瞬でないわけはない。

 

なんでもない日に、思う。

 


ニュース&トピックス

2021年08月03日(火)

夏季休業のお知らせ

2021年04月20日(火)

11年になりました。

一覧を見る

多坊4コマBLOG

多坊4コママンガ

一覧を見る

先頭へ戻る

TOPへ戻る