お問い合わせ

ティッシュ5箱分の個人情報?!

投稿日: 作成者: nagata

十年近く前だろうか。

自宅の近くにSS(サービスステーション)がオープンして

キャンペーンをやっていたので、早速行ってみた。

 

セルフだったのでえっちらと給油していたら、

スタッフが「当店のカードをつくりませんか?」と

バインダーにアンケート用紙とボールペンを挟んですり寄ってきた。

 

紙カードもあるが、クレジット機能のあるカードだと、

ポイントがついたり割引がよかったりするそうだ。

 

私はすでに他社のカードも持っていたし、

個人情報をSSの店頭でポイントや割引を引き換えに渡すのはいやだと思い、

断った。

 

スタッフは納得のいかない顔をしてしぶしぶ引き下がったが、

しばらくすると、今度はティッシュを抱えてまたやってきて、

クレジット機能のあるカードをつくると、そのティッシュ5箱をプレゼントするという。

 

ここで私はカチン!!ときて、

「オレの個人情報はティッシュ5箱分か!ふざんけんなよー!!」

と大声でその怒りをスタッフにぶちまけた。

そのスタッフはびっくりして泣きそうな顔になった。

 

すぐに店長がすっ飛んできて平謝りに謝ったが、

ぶち切れたまま怒りの収まらない私は、

乱暴に給油ホースをガチャガチャと戻し、

運転席のドアをこれ見よがしにバ~~~ンと締め、

エンジンを思いっ切りバフ~~~~ン!!!と空ぶかしさせて、

そのSSを後にしたのである。

(我ながら大人気ないと思うが:苦笑)

 

思えば、カード会社に提供する私の個人情報なんてたかが知れているし、

そのSSのスタッフやサービスが気に入れば

カードをつくったかも知れない。

 

しかし、いくらなんでも初めての客に

個人情報を晒せ、というのは失礼だろう。

 

しかし、この「失礼なこと」をプラットフォーマー他

多くの企業がやっているのだ。ティッシュ5箱のプレゼントもなしに!

 

今一度私たちは「自分の個人情報」がどのように扱われているのか、

慎重に見極めた方がいいと思う。

 

私はアップル信者ではないが、

「アップルTV+」等の新サービスの発表に際して

ティム・クックCEOは

「ユーザーの行動を広告主に教えることはしない」と断じたこは、

個人情報と広告のあり方に対しての「企業としての良心」と評価したい。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ティッシュ5箱分の個人情報?!
Facebook にシェア
このエントリーを Yahoo ブックマークに追加
このエントリーを Livedoor クリップにブックマーク
FriendFeed にシェア

ニュース&トピックス

2019年07月16日(火)

夏季休業のご案内

2019年04月19日(金)

やっとこさ9年。

一覧を見る

多坊4コマBLOG

多坊4コママンガ

一覧を見る

販売代理

AI(人工知能)による住宅・不動産営業の生産性向上支援ツール。IT導入補助金対象商品です。

  • 土地ロボ
  • 不動産サーチロボ

先頭へ戻る

TOPへ戻る